熱海温泉の歴史

熱海は歴史的にも古い温泉であり、およそ1500年前の仁賢天皇の時代、海中から熱湯が噴き出し、魚が爛れ死ぬのを近郷の者が発見、以来「熱い海」であることから、熱海と名付けられたとされています。

また、天平宝字の頃に箱根権現の万巻上人が、この「熱い海」のために不漁に苦しむ漁民たちを救済すべく、祈願により源泉を海中から現在の山里に移したという伝説も残されています。

 

江戸時代には徳川家康公が来湯し、以来、徳川家御用達の名湯として認められ、家光公以降には、熱海の湯を江戸城に献上させる「御汲湯」が行われました。

これらにより熱海温泉の知名度は上がっていきました。

 

明治以降は文人墨客が多く訪れ、また多くの作品が熱海を舞台に描かれました。

また、政財界の方々の別荘等も増えていきました。

 

熱海の発展には交通機関の発達が大きく関係しています。

 

明治28年から33年にかけて小田原と熱海を結ぶ豆相人車鉄道が開通しました。

明治40年には人車鉄道は、蒸気機関車を使用する軽便鉄道となりました。

大正12年、関東大震災により被害を受け廃線となりました。

熱海駅前に展示されている熱海軽便の機関車
熱海駅前に展示されている熱海軽便の機関車

大正14年に鉄道省熱海線の開通により、東京・熱海間は3時間で結ばれるようになり、来湯客数は飛躍的に伸びることとなりました。

昭和9年に丹那トンネルが完成し、鉄道省熱海線は東海道本線の一部となり、熱海駅は東海道本線の駅となりました。  

昭和30年代は、新婚旅行のメッカとなり、そして高度経済成長期には団体旅行が多くなりました。

1964年の東海道新幹線の開通により首都圏からの来熱が容易になりました。

しかしながら、同時に、遠距離旅行を含む観光地を選ぶ選択肢が多くなり、厳しい競争時代になっていきました。  

熱海駅・熱海町役場発行の昭和10年版熱海町勢要覧より
熱海駅・熱海町役場発行の昭和10年版熱海町勢要覧より
熱海駅
熱海駅

現在では、観光地に対するニーズの多様化にどう応えていくのかが課題となっていると言えます。

また、現在進められている熱海駅・熱海駅周辺の整備計画は政官業民が一体となって熱海の発展に寄与するものになるになる事を期待しています。

熱海七湯巡りの石碑
熱海七湯巡りの石碑

 

福島屋の歴史

福島屋の先祖は古くから熱海に住んでいましたが、

明治初期に福島屋として宿屋・湯屋をはじめました。

明治30年代発行の熱海の地図です。

この地図に載っている宿屋で、当時の屋号と経営母体が一致して宿屋として残っているのは古屋さん(内田氏・江戸末期創業)と福島屋(松尾)だけになってしまいました。

地図の右下の部分の拡大画像の中央が福島屋、その前の坂道が坂町、画面右側に古屋さん、左下は今の本町と銀座の交差点です。

明治初期には木造二階建てだった福島屋は大正13~14年に木造三階建てに建て替えられました。写真は大正14年1月14日の上棟式の時のものです。

アルバム大正時代

福島屋が戦前に沼津駅構内案内所で配付した時刻表です。

東京熱海間列車時刻表には昭和5年10月1日改正と記されています。

沼津熱海間乗合自動車時刻表が併記されています。

近隣の地図や福島屋の紹介なども掲載されています。

戦前の福島屋旅館の絵葉書です。

大正14年の上棟式の写真の建物です。

説明が右書きなのが時代を感じさせます。

電話番号は「熱海105番」でした。

その後、「熱海2105番」、「8-2105」となり、

電話増加に伴う再編で現在の「81-2105」となりました。

(この建物は昭和19年の本町大火で焼失しました。)

本町大火は福島屋の近所から出火し、近隣の80戸余が焼失しました。

(戦後の熱海駅前大火、熱海大火とは異なります。)

戦時中のことであり、建設資材も無く、戦後まで辺り一体は焼け野原のままでした。

福島屋では温泉熱を利用して製塩を行ない、三島の野戦重砲連隊に納めていました。

終戦直後は一気に新築をするのは無理な時代でした。

敷地の奥の方から建てはじめ、増築を繰り返していきました。

その為に館内がパッチワークのようになっています。

お客様に送っていただいた画像です。

東京の小学6年生が箱根伊豆に日帰り修学旅行で来た際に

福島屋で入浴し、記念撮影をしたとの事です。。

昭和27年10月3日の撮影です。

 

昭和28年頃に、上の画像の中央部に新たな玄関が増築され、向かって左側に新たな帳場が増築されました。それが現在使っている玄関と帳場です。

写真中央の上に見える小窓は現在の玄関ロビーの上の階段踊り場部分です。

 熱海市では、熱海大火の後に木造建築のモルタル等による耐火化を進めました。

福島屋では最後の増築の際に外装のモルタル化をしました。

昭和32年頃の福島屋です。

玄関前の幼児は現店主です。

昭和50年代の道路の拡幅に際し、

入浴休憩の看板がある一角が切り取られました。

玄関前と共に、現在では歩道になっています。

 

福島屋旅館

住所

413-0013

熱海市銀座町14-24

 

ご予約・お問い合わせは

お電話にてお願い致します。

 

電話

0557-81-2105

 

 

 

 

更新ページ

イベント案内  28/9/1
歴史   28/1/17
アルバム  27/8/5
昭和レトロ  26/4/19
テレビ・情報誌  28/6/11
館内ご案内  28/1/17
 
画像をクリックすると拡大表示します。